郵送契約でキャッシングできるの?

郵送契約でキャッシングできることをご存知ですか?少し前までは来店してキャッシングの契約をするのが基本でしたが、インターネット上でキャッシングの契約ができるだけでなく、郵送契約でキャッシングを契約することも可能です。

例えばCMなどでおなじみの新生銀行のカードローン「レイク」。このレイクは郵送契約でキャッシングを契約することができます。また、書面で契約内容を確認することが出来るので、インターネットに不慣れな方でも安心して契約を結ぶことが出来ます。

そのため、実際に店舗に行かずにキャッシングの契約ができるのは非常にうれしいポイントになってきますよね。キャッシングを初めてやる人はなかなか実際に行って契約をするのは難しいと感じてしまうことも多いので契約をするときには郵送がいいかも知れません。

まずはリセットを考える!

つまり、お金を借りることに慣れてしまい、むしろお金の管理を自分で行うことが出来ずに人からお金を借りることでもしないと生活が出来ない人たちなのです。そんな自己管理も出来ない人たちが5年間もお金を借りずに生活が出来るでしょうか?かなり厳しいと思います。

そのため、正当な金融機関でない“闇金”に手を出してしまう恐れもあり、ホントの人生の終わりを迎える人もいるのです。よく“お金は裏切らない”と言う方がいますよね?大間違いです。お金ほど人間の欲を掻き立て好きなだけ利用し、挙句の果てに地獄へ突き落す悪魔はいません。お金を借りる時は計画性を持つことを大事にしましょう。

お金も持っているとその器にない人はお金にもてあそばれる人生を送ってしまうそんな可能性があります。まずは借金を抱えてしまってどうしようもないときには、やはり自己破産をするなどいったんリセットをするのが今後の人生を考えてもいいのかなと思います。

多重債務して自己破産したらどうなるの?

多重債務して自己破産すると借金を返済しなくてもよくなりますが、とても厳しい戒めがあるためにかなり厳しい環境に自らが置かれることになります。しかしそれは生活を再建させるための過程ですので、借金を返すことができなくなった方を救済して人生をやり直すために国が定めた制度です。

多重債務して自己破産したからといって会社を辞めさせられたり財産を全部差し押さえられるといったことはありません。しかし、自己破産をしたからといっても国の税金は免除されるわけではないので注意が必要になってくるんですね。

多重債務にならないためにしっかりと計画を持ってお金を借りることがとても重要になってくるんですね。それをわかっていないとまた借金を重ねていくだけになってしまうのでまずは計画を持ってお金を借りるという姿勢をしっかりと持つようにしましょう!

キャッシングするとき!

ただ、保険証など、「顔写真がないもの」については会社によっては証明写真を持ってきてもらったり、その場で写真をとったりするようです。基本的には、これが「あたりまえ」なのかもしれませんね。ただ、最近増えてきた「ネットでのキャッシング」「ATMでのキャッシング」では顔写真自体が要らない場合が多いです。

その人の身元さえ確認できれば良いようですよ。結論として、キャッシングする際の写真は「基本的に要らないので撮られない」というのが大半です。とはいっても、それは身だしなみが雑でも良い、というわけではないことに注意してくださいね。

やはりキャッシングするときにはその人の信用を確認するのでその人の格好などを参考に審査を決める要因になったりもする可能性もあるので、一般的に小汚いと思われるような身だしなみで行くのが非常におすすめです。それをしないと借りられないこともあります。