キャッシングの会社にはには注意を!

キャッシングの会社は基本的には貸金業法という法律に規制されています。貸金業法では、貸金業者は登録制といって必ず都道府県知事などに届け出をして営業許可を得なければなりません。しかし、このような届け出をしていない会社をヤミ金融、つまりヤミ金と言っています。

キャッシングを取り扱っている会社には、残念ながらヤミ金も存在しているようです。このヤミ金というのは、貸金業法で規制をされていないため、貸金業法の上限利息などの規制も無視した営業を行っている業者になります。

そのため、キャッシングをするときにはそのような業者に引っかからないように注意をしておきましょう。キャッシングは今では非常に気楽にできるのが特徴的ですが、それでも、間違って変なところを借りてしまえば後で後悔してしまうので注意が必要です!

キャッシングの検索の抗弁権とは?

キャッシングの検索の抗弁権についてご存知でしょうか?抗弁権とは、一言で言ってしまえば請求を拒否できる権利のことです。債務者が借入金を返せなくなった場合保証人が債務者に代わってお金を返す必要があります。

しかし、債務者が実は支払い能力があるのに、それをキャッシング会社に隠して保証人にお金を支払わせようとすることがあります。こうした状況の場合、保証人が債務者に債務者にお金があることを証明して、会社からの支払い請求を拒否できる権利がキャッシングの検索の抗弁権です。

やはり、保証人といえども払うお金がある債務者の代わりにお金をはらうなんてことはしたくないのでこのような制度があるんですね。悪意を持って保証人に支払わせようとする人間もいるのでそのあたりは注意しないといけない問題なんですね。