キャッシングの検索の抗弁権とは?

キャッシングの検索の抗弁権についてご存知でしょうか?抗弁権とは、一言で言ってしまえば請求を拒否できる権利のことです。債務者が借入金を返せなくなった場合保証人が債務者に代わってお金を返す必要があります。

しかし、債務者が実は支払い能力があるのに、それをキャッシング会社に隠して保証人にお金を支払わせようとすることがあります。こうした状況の場合、保証人が債務者に債務者にお金があることを証明して、会社からの支払い請求を拒否できる権利がキャッシングの検索の抗弁権です。

やはり、保証人といえども払うお金がある債務者の代わりにお金をはらうなんてことはしたくないのでこのような制度があるんですね。悪意を持って保証人に支払わせようとする人間もいるのでそのあたりは注意しないといけない問題なんですね。

郵送契約でキャッシングできるの?

郵送契約でキャッシングできることをご存知ですか?少し前までは来店してキャッシングの契約をするのが基本でしたが、インターネット上でキャッシングの契約ができるだけでなく、郵送契約でキャッシングを契約することも可能です。

例えばCMなどでおなじみの新生銀行のカードローン「レイク」。このレイクは郵送契約でキャッシングを契約することができます。また、書面で契約内容を確認することが出来るので、インターネットに不慣れな方でも安心して契約を結ぶことが出来ます。

そのため、実際に店舗に行かずにキャッシングの契約ができるのは非常にうれしいポイントになってきますよね。キャッシングを初めてやる人はなかなか実際に行って契約をするのは難しいと感じてしまうことも多いので契約をするときには郵送がいいかも知れません。

まずはリセットを考える!

つまり、お金を借りることに慣れてしまい、むしろお金の管理を自分で行うことが出来ずに人からお金を借りることでもしないと生活が出来ない人たちなのです。そんな自己管理も出来ない人たちが5年間もお金を借りずに生活が出来るでしょうか?かなり厳しいと思います。

そのため、正当な金融機関でない“闇金”に手を出してしまう恐れもあり、ホントの人生の終わりを迎える人もいるのです。よく“お金は裏切らない”と言う方がいますよね?大間違いです。お金ほど人間の欲を掻き立て好きなだけ利用し、挙句の果てに地獄へ突き落す悪魔はいません。お金を借りる時は計画性を持つことを大事にしましょう。

お金も持っているとその器にない人はお金にもてあそばれる人生を送ってしまうそんな可能性があります。まずは借金を抱えてしまってどうしようもないときには、やはり自己破産をするなどいったんリセットをするのが今後の人生を考えてもいいのかなと思います。